友人の婚活の話。

・婚活に至るまで
私の友人が、数年前から前向きに婚活に取り組んでいます。
彼女はバツイチで子供が二人います。離婚直後は、もう結婚なんて絶対しないと言っていましたが、子供の「お父さんが欲しい」という発言を受け、婚活に踏み切りました。
婚活を始めようとした友人ですが、まず何をしたら良いのか分からず、私に相談をしてきました。しかし、私自身も、婚活などした事がありません。婚活という言葉を聞いて思い浮かぶのは、婚活パーティーや結婚相談所くらいです。しかし、母子家庭の彼女としては、なるべくお金をかけたくないのが本音ですし、子供が小さい為、婚活パーティーに出かける時間を作るのも難しいのです。
そこで、どんな方法で婚活するのかを二人で考えてみました。

 

・婚活開始
お金をかけず、気軽な感じで婚活したいと言う友人でしたので、会社の同僚達にも協力してもらう事にしました。
まず、同僚達には、自分が婚活している事を伝え、出会いの場になるような情報を寄せてもらう事にしました。大きな会社ですので、人伝に情報が入るのではないかと思ったからです。それと同時に、同僚達に、個人的に紹介出来そうな相手がいれば紹介して貰えるようにお願いしました。

 

・婚活の効果
地道な婚活ですが、それなりにいろんなお誘いがあったようで、友人は、子供も一緒に遊びに行けるようなレジャーにも参加していました。
また、私も自分の男友達を紹介したり、彼女の婚活に協力しました。
友人は、まだ結婚に至るまでの相手とは出会っていないようですが、楽しそうに前向きに婚活をしているようです。